Top > Search Technology seeds > (In Japanese)教育支援装置、コンピュータプログラム、プログラム格納媒体

(In Japanese)教育支援装置、コンピュータプログラム、プログラム格納媒体

Seeds code S090003618
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)得永 義則
  • (In Japanese)村井 好博
  • (In Japanese)多田 治夫
  • (In Japanese)藤本 元啓
  • (In Japanese)加藤 聰
  • (In Japanese)宮本 紀男
  • (In Japanese)山岸 徹
  • (In Japanese)北村 貴志
Name of technology (In Japanese)教育支援装置、コンピュータプログラム、プログラム格納媒体
Technology summary (In Japanese)1台以上のコンピュータにより構成され、情報通信ネットワークを介して他のコンピュータと通信する手段と、多数の学生のそれぞれに対応してポートフォリオ 情報を記憶する手段と、認証を経てアクセスしてきた他のコンピュータを学生コンピュータとして、当該コンピュータに前記認証情報に基づいて特定される学生のポートフォリオ情報へのアクセスを許可する手段と、学生コンピュータからの要求に従って、該当学生のポートフォリオ情報を閲覧可能にして学生コ ンピュータに送付する手段と、ポートフォリオ情報を送付した学生コンピュータからの要求に従って、学生のポートフォリオ情報を更新する手段と、ポート フォリオ情報の更新履歴を記憶する手段と、を備えた教育支援装置である。適時にアンケートやテストの設問を学生コンピュータに送付し、学生コンピュータから設問に対する解答が返送されてくると、解答結果を解析し、複数の項目のそれぞれについての評価結果として出力する客観的評価手段を備える。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090003618_01SUM.gif
Research field
  • CAI
  • Data communication
  • Data protection
Seeds that can be deployed (In Japanese)教育現場では、個々の学生の隠れた人間力をどのように 発掘し、その発掘した能力を的確に評価するのかが重要である。そこで、個人に潜在する人間力を的確に発掘し、その人間力を伸長するため教育支援コンピュータシステムを提供する。
本発明は、学校などの教育現場において、学生の学力以外の潜在能力を評価するのを支援するコンピュータにより構成される教育支援装置に関するものである。コンピュータを上記教育支援装置として機能させるためのコンピュータプログラムを含む。本教育支援装置によれば、個々の学生の隠れた能力を発掘し、その発掘した能力を学生自身に認識させて自己実現に向けての努力を促すことができる。
Usage Use field (In Japanese)学校・企業教育向けCAIシステム、個人用学習システム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人金沢工業大学, . (In Japanese)得永 義則, 村井 好博, 多田 治夫, 藤本 元啓, 加藤 聰, 宮本 紀男, 山岸 徹, 北村 貴志, . EDUCATION SUPPORT DEVICE, COMPUTER PROGRAM, PROGRAM STORING MEDIUM. P2006-171202A. Jun 29, 2006
  • G09B  19/00     
  • G06Q  50/00     

PAGE TOP