Top > Search Technology seeds > (In Japanese)Akt活性特異的抑制ポリペプチド

(In Japanese)Akt活性特異的抑制ポリペプチド meetings

Seeds code S090003909
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)野口 昌幸
  • (In Japanese)岡田 太
  • (In Japanese)廣村 信
Name of technology (In Japanese)Akt活性特異的抑制ポリペプチド meetings
Technology summary (In Japanese)このポリペプチドは、ヒトTCL1のアミノ酸配列のうち特定部位のアミノ酸配列からなるポリペプチド、ヒトTCL1Bのアミノ酸配列のうち特定部位のアミノ酸配列からなるポリペプチド、ヒトMTCP1のアミノ酸配列のうち特定部位のアミノ酸配列からなるポリペプチド、マウス又はラットTCL1のアミノ酸配列のうち特定部位のアミノ酸配列からなるポリペプチド、及びその誘導体からなり、更に、このポリペプチドをコードする特定の配列のDNA、及び該ポリペプチドに特異的に結合する抗体を包含する。このポリペプチドは、このポリペプチドを有効成分として含む、Akt活性の特異的阻害剤として、及び、このポリペプチドを有効成分として含む、悪性腫瘍等の予防、治療のための抗腫瘍剤として用いることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090003909_01SUM.gif
Research field
  • Basic research of antitumor (=antineoplastic) drugs
  • Proteins and peptides in general
  • Pharmaceutical preparations in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)Akt(Protein Kinase B)の活性を特異的に抑制するポリペプチド、そのDNA、その抗体、及びAkt活性の阻害剤或いは抗腫瘍剤等を提供する。
TCL1のアミノ酸配列の中で、Aktに結合する部位を特定し、TCL1、TCL1B、及びMTCP1のAktに結合する部位のアミノ酸配列からなるポリペプチドがAktの活性を特異的に抑えることを見い出すことにより、Akt活性の特異的阻害剤として利用可能なポリペプチドを提供することが可能となった。これまでAktの特異的ペプチド阻害剤は知られておらず、このポリペプチドは、新規のAktの活性阻害剤としての利用が期待できる。
Usage Use field (In Japanese)悪性腫瘍の予防薬、抗腫瘍剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構, . (In Japanese)野口 昌幸, 岡田 太, 廣村 信, . POLYPEPTIDE FOR SPECIFICALLY INHIBITING Akt ACTIVITY. P2005-198643A. Jul 28, 2005
  • C07K   7/08     
  • C12P  21/02     
  • C12N  15/09     
  • A61K  31/711    
  • A61K  38/00     
  • A61K  48/00     
  • A61P  35/00     
  • A61P  35/02     
  • A61P  43/00     

PAGE TOP