Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)エストロゲン高感受性メダカ

(In Japanese)エストロゲン高感受性メダカ

Seeds code S090004026
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)山下 一郎
Name of technology (In Japanese)エストロゲン高感受性メダカ
Technology summary (In Japanese)メダカ由来のエストロゲン受容体遺伝子を導入した遺伝子組み換えメダカに関する。野生メダカに血栓を形成させることが可能なエストロゲン濃度より低い濃度のエストロゲン存在下で、この遺伝子組み換えメダカを生育させることにより、血栓を形成したメダカを作成できるため、この遺伝子組み換えメダカは、エストロゲン様内分泌攪乱化学物質を検出する際に利用可能であることに加えて、血栓症の発症メカニズムを解明するための実験動物および血栓症の治療薬を開発する際のバイオアッセイ系として有用である。エストロゲン受容体遺伝子をクローニングする際に使用するメダカおよびクローニングされた遺伝子を組込む際に使用するメダカは、何れもOryzias latipesに属するものであれば限定されない。
Research field
  • Molecular genetics in general
  • Laboratory organisms
  • Hormones, cytokines, bioactive peptides in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)極低濃度のエストロゲンに反応する遺伝子組み換えメダカを提供すること、並びに、このメダカを用いて血栓を形成したメダカを作成する方法、およびその方法により作成された血栓を形成したメダカを提供する。更に、そのメダカを用いてエストロゲン様作用性物質を検査する方法を提供する。
環境中に極微量に存在するエストロゲン様物質を、迅速、安価かつ簡易に、しかも連続的に検出できる新規な水生動物として大変有効である。ヒトにおいて経口避妊薬の使用やホルモン療法によるエストロゲンの摂取が原因で起こる血栓症の発症メカニズムを解明するための実験動物として有効である。生化学的解析のための試料の調製が容易である点で、安価で簡便であるという利点を奏する。経口抗血栓薬の大規模スクリーニングが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)遺伝子組み換えメダカ、実験動物、抗血栓薬、エストロゲン汚染検出キット、水質検査キット
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)広島大学長, . (In Japanese)山下 一郎, . HIGHLY ESTROGEN-SENSITIVE KILLIFISH. P2002-058486A. Feb 26, 2002
  • C12N  15/09     
  • A01K  61/00     
  • A01K  67/027    
  • C07K  14/46     
  • G01N  33/18     

PAGE TOP