Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)スギ花粉由来の新規アレルゲンおよびその利用

(In Japanese)スギ花粉由来の新規アレルゲンおよびその利用

Seeds code S090004042
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)重田 征子
  • (In Japanese)森 啓太
  • (In Japanese)小埜 和久
  • (In Japanese)秋 庸裕
  • (In Japanese)河本 正次
Name of technology (In Japanese)スギ花粉由来の新規アレルゲンおよびその利用
Technology summary (In Japanese)スギ花粉に含まれる新規のスギ花粉アレルゲンCJP38を同定した。このタンパク質は1,3-beta-グルカナーゼ活性を有し、スギ花粉症患者の血清に含まれる抗体により認識されるが、健常者の血清に含まれる抗体によっては認識されないので、新規のスギ花粉アレルゲンであることを確認した。このタンパク質はアレルギー診断用薬剤や減感作治療用薬剤として使える。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090004042_01SUM.gif
Research field
  • Proteins and peptides in general
  • Molecular genetics in general
  • Crude drugs in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)スギ花粉症の診断や治療に役立つ新規のスギ花粉アレルゲンを提供する。
スギ花粉に含まれるアレルゲンであって、1,3-beta-グルカナーゼ活性を有することを特徴とするタンパク質で、これをスギ花粉アレルゲンに対してアレルギー反応を起こすスギ花粉症患者に投与することにより、スギ花粉症を治療することができる。また、このタンパク質をスギ花粉症の診断用薬剤として用いることにより、従来よりも信頼性の高いスギ花粉症の診断を行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)スギ花粉アレルゲン、スギ花粉症治療用薬剤、スギ花粉症の診断用薬剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人広島大学, . (In Japanese)重田 征子, 森 啓太, 小埜 和久, 秋 庸裕, 河本 正次, . NEW ALLERGEN DERIVED FROM JAPANESE CEDAR POLLEN AND USE OF THE ALLERGEN. P2006-238861A. Sep 14, 2006
  • C07K  14/415    
  • C12N   9/24     
  • C12N  15/09     
  • C07K  16/16     
  • C12N   1/15     
  • C12N   1/19     
  • C12N   1/21     
  • C12N   5/10     
  • C12P  21/02     
  • C12M   1/00     
  • G01N  33/53     
  • A61K  39/36     
  • A61P  37/00     

PAGE TOP