Top > Search Technology seeds > (In Japanese)SS型ワムシ耐久卵の製造方法

(In Japanese)SS型ワムシ耐久卵の製造方法

Seeds code S090004058
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)萩原 篤志
  • (In Japanese)マビット アッサワアリー
  • (In Japanese)小金 隆之
Name of technology (In Japanese)SS型ワムシ耐久卵の製造方法
Technology summary (In Japanese)ワムシ耐久卵の生産方法としてワムシの環境を変化させることによりワムシの耐久卵を効率よく生産できることを見出した。具体的には、SS型ワムシを飼育水下で培養して両性生殖を誘導した後、培養温度を20℃~35℃の範囲内で変化させて培養を継続し、ワムシの耐久卵を採取する。なお、培養開始時のSS型ワムシの密度は、1~5固体/mlであることが望ましい。両性生殖を誘導した後、雄の発現後に培養温度を変化させることができる。雄の発現後に、培養温度を変化させるのは、雄の発現は特定の温度のもとでのみ起こるのに対し、引き続いて起こる受精と耐久卵の産出は、広い温度範囲にわたって起こる現象だからである。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090004058_01SUM.gif
Research field
  • Fisheries animals other than fishes
  • Aquacultural methods
Seeds that can be deployed (In Japanese)ワムシ保存法として耐久卵が低温や乾燥などの悪環境下で強い抵抗性を示すので、耐久卵を利用し、孵化させたワムシを培養の元種等として利用することにより、必要十分なワムシを必要な時期に自由に生産することができる。そこで、耐久卵を効率よく生産することにより、安定してワムシを供給する。
このワムシ耐久卵の製造方法によれば、ワムシ耐久卵の生産効率が高くなり、安定して耐久卵を供給し、ワムシ耐久卵は、短波長光の照射や活性酸素種への暴露が無ければ、10年以上の長期に渡って休眠状態を維持しつづけることができる。必要時にのみワムシを孵化させればよいので、周年にわたってワムシを培養する必要がなく培養維持のための経費等が大幅に削減することができる。
Usage Use field (In Japanese)SS型ワムシ、ワムシ耐久卵
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人長崎大学, . (In Japanese)萩原 篤志, マビット アッサワアリー, 小金 隆之, . METHOD FOR PRODUCING SS TYPE ROTIFER DURABLE EGG. P2002-306015A. Oct 22, 2002
  • A01K 61/00      
  • A01K 67/033   501
  • C12N  1/10      

PAGE TOP