Top > Search Technology seeds > (In Japanese)n-パラフィンの異性化用触媒組成物及びn-パラフィンの異性化方法

(In Japanese)n-パラフィンの異性化用触媒組成物及びn-パラフィンの異性化方法

Seeds code S090004126
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)杉 義弘
  • (In Japanese)窪田 好浩
  • (In Japanese)西村 陽一
  • (In Japanese)プスパラツ
Name of technology (In Japanese)n-パラフィンの異性化用触媒組成物及びn-パラフィンの異性化方法
Technology summary (In Japanese)ベータゼオライトからなるn-パラフィン異性化用触媒であって,該ベータゼオライトはセリウムを含有し,該ゼオライト中の該セリウムの割合は該ゼオライト中のケイ素原子に対するセリウム原子の比[Ce]/[Si]で0.001~0.2の範囲にあり,かつ該ベータゼオライトはドライゲル法により合成されたもので,その平均粒子径が0.01~0.1μmであることを特徴とするn-パラフィンの異性化用触媒。n-パラフィンを触媒の存在下で異性化する方法において,該触媒として,前記の触媒を用いることを特徴とするn-パラフィンの異性化方法。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090004126_01SUM.gif
Research field
  • Catalysts
Seeds that can be deployed (In Japanese)n-パラフィンの異性化用触媒において,炭素析出を減少させた触媒を提供するとともに,該触媒を用いるn-パラフィンの異性化方法を提供する。
プロトン型(H型)のセリウム含有ベータゼオライト触媒によるn-ヘキサンの異性化に於いて,初期にコークの沈着による活性の低下が認められるが,流通時間が経過してもコーク析出は増加せず,活性に著しい低下は認められない。
Usage Use field (In Japanese)ガソリン製造用のn-パラフィンの異性化用触媒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人岐阜大学, . (In Japanese)杉 義弘, 窪田 好浩, 西村 陽一, プスパラツ, . CATALYST COMPOSITION FOR ISOMERIZING n-PARAFFIN AND METHOD OF ISOMERIZING n-PARAFFIN. P2004-267945A. Sep 30, 2004
  • B01J  29/70     
  • C10G  35/095    

PAGE TOP