Top > Search Technology seeds > (In Japanese)粒子集積構造体の製造方法

(In Japanese)粒子集積構造体の製造方法

Seeds code S090004143
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)黒田 真一
Name of technology (In Japanese)粒子集積構造体の製造方法
Technology summary (In Japanese)微粒子表面の電荷を制御して二次元集積化させる粒子集積構造体の製造方法である。すなわち、微粒子の乳液を基板表面に付着させ、基板を回転させて微粒子の乳液に遠心力をかけて、微粒子を二次元集積化させて構造体を製造する方法において、微粒子表面の電荷を制御して二次元集積化させる。例えば、(a)微粒子の乳液を基板表面に付着させ、(b)基板を回転数が制御できる回転台上に固定する。次いで、(c)所定の回転数まで基板を回転させて微粒子の乳液に遠心力をかけて、(d)基板上に集積構造体を製造する。このとき、微粒子表面の電荷を制御することにより、微粒子を2次元集積させて、集積構造体を製造する。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090004143_01SUM.gif
Research field
  • Electronic recording, magnetic recording, optical recording
  • Crystallography in general
  • Particle motion and radiation by moving particles in electromagnetic fields
Seeds that can be deployed (In Japanese)液架橋力に伴う自己組織化を利用して、大面積領域を持つ微粒子の二次元集積構造体を簡便に作製できる、新しい粒子集積構造体の製造方法を提供する。
多層または単層の大面積領域を持つ粒子集積構造体を簡便に得ることができる。装置のスケールアップが容易にできるため、さらに大面積領域とすることも可能である。多層構造体は、フォトニックバンドギャップを持っているため、フォトニック結晶の材料としての適用が期待できる。
Usage Use field (In Japanese)粒子集積構造体の製造装置
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人群馬大学, . (In Japanese)黒田 真一, . MANUFACTURING METHOD OF PARTICULATE ACCUMULATED STRUCTURE. P2005-288325A. Oct 20, 2005
  • B05D   1/40     
  • B05C  11/08     
  • B05D   3/14     
  • B82B   3/00     

PAGE TOP