Top > Quick Search > Search Technology seeds > (In Japanese)コンドロイチンの製造方法

(In Japanese)コンドロイチンの製造方法

Seeds code S090004259
Posted date Mar 30, 2010
Researchers
  • (In Japanese)羽倉 義雄
Name of technology (In Japanese)コンドロイチンの製造方法
Technology summary (In Japanese)筋肉組織および骨組織を含む組織集合体を用いてコンドロイチンの製造方法であって、上記組織集合体を-15℃~-30℃で凍結粉砕して、粉砕粒子群を得る凍結粉砕工程と、上記凍結粉砕工程によって得られた上記粉砕粒子群から、上記骨組織からなる粉砕粒子を分級する分級工程とを含み、分級工程では、所定の粒子径を有する粉砕粒子を分級することを特徴としている。これにより、従来まで廃棄されていたサメの加工残渣(すなわち、組織集合体)を用いた場合であっても、当該加工残渣から骨組織を容易に分離することが可能となるとともに、当該加工残渣に含まれる骨組織から容易にコンドロイチンを製造することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

S090004259_01SUM.gif
Research field
  • Carbohydrates and sugar chains in general
  • Manufacturing of various organic compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)サメの骨残渣から,効率良くコンドロイチンを抽出するための工程を確立することを目的とする。
サメの加工残渣を用いる場合は、上記組織集合体の温度を-15℃~-30℃の範囲に設定することにより、凍結粉砕工程によって得られる粉砕粒子群において、筋肉組織からなる粉砕粒子の粒子径と、骨組織からなる粉砕粒子の粒子径との差が最も大きくなる。これにより、分級工程において凍結粉砕工程によって得られる粉砕粒子群から骨組織からなる粉砕粒子をより正確に分離(分級)することが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)コンドロイチン硫酸
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人広島大学, . (In Japanese)羽倉 義雄, . METHOD FOR PRODUCING CHONDROITIN. P2006-225485A. Aug 31, 2006
  • C08B  37/08     

PAGE TOP