Top > Search Technology seeds > ANTI-TENACIN C MONOCLONAL ANTIBODY AND HYBRIDOMA PRODUCING THE SAME

ANTI-TENACIN C MONOCLONAL ANTIBODY AND HYBRIDOMA PRODUCING THE SAME

Seeds code S100000220
Posted date Sep 16, 2010
Researchers
  • (In Japanese)吉田 利通
Name of technology ANTI-TENACIN C MONOCLONAL ANTIBODY AND HYBRIDOMA PRODUCING THE SAME
Technology summary (In Japanese)テネイシンC分子内のフィブロネクチンⅢ型反復配列のBCD配列部分を認識するモノクローナル抗体4C8であり、乳癌組織を認識する。また、抗体4C8を産生する機能を有するハイブリドーマ細胞、FERM P-18070、及び抗体4C8を標識化した診断薬である。診断薬キットは、抗テネイシンC一次抗体を固定化したプレート、及び一次抗体に結合したテネイシンCを検出するための標識化抗テネイシンC二次抗体の両要素を備え、一次抗体又は二次抗体の少なくともいずれか一方がモノクローナル抗体4C8である。モノクローナル抗体4C8を用いて、テネイシンCの癌間質に特異的なフィブロネクチンⅢ型配列のBCD配列部分を検出する。癌間質に特異的なフィブロネクチンtypeⅢ反復内のスプライシング部位(BCD)の組み換え蛋白質を抗原として、モノクローナル抗体を作製する。フィブロネクチンtypeⅢ反復内のスプライシング部位の、癌間質に比較的特異的な後半の3つの反復(BCD)配列に相当する部位を含む。炎症などの組織再構成を示す疾患でこのバリアントが発現しているため、モノクローナル抗体は、炎症を検出するツールとしても有用である。
Research field
  • Proteins and peptides in general
  • Molecular genetics in general
  • Medical materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)癌間質などに特異的に発現するTN-Cスプライシングバリアントを認識するモノクローナル抗体と、この抗体を産生するハイブリドーマを提供し、このモノクローナル抗体を医療分野へ利用するために資する。
癌組織や炎症組織で特異的に発現するTN-Cスプライシングバリアントを認識するモノクローナル抗体、及び抗体を産生するハイブリドーマ細胞が与えられる。このモノクローナル抗体は、癌や炎症の診断に有用である。
Usage Use field (In Japanese)癌診断、炎症診断
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人三重大学, . (In Japanese)吉田 利通, . ANTI-TENACIN C MONOCLONAL ANTIBODY AND HYBRIDOMA PRODUCING THE SAME. P2002-234900A. Aug 23, 2002
  • C07K 16/32      
  • C12N  5/10      
  • C12N 15/02      
  • G01N 33/53      
  • G01N 33/574     
  • G01N 33/577     
  • C12P 21/08      
  • C12P 21/08      
  • C12R  1:91

PAGE TOP