Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR SIMPLY AND RAPIDLY DETERMINING BASE SEQUENCE OF MITOCHONDRIA 21S RIBOSOMAL RNA GENE OF YEAST BELONGING TO SACCHAROMYCES CEREVISIAE

METHOD FOR SIMPLY AND RAPIDLY DETERMINING BASE SEQUENCE OF MITOCHONDRIA 21S RIBOSOMAL RNA GENE OF YEAST BELONGING TO SACCHAROMYCES CEREVISIAE

Seeds code S100001035
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)森 勝美
  • (In Japanese)蒲生 卓磨
Name of technology METHOD FOR SIMPLY AND RAPIDLY DETERMINING BASE SEQUENCE OF MITOCHONDRIA 21S RIBOSOMAL RNA GENE OF YEAST BELONGING TO SACCHAROMYCES CEREVISIAE
Technology summary (In Japanese)サッカロマイセス・セレビシエのミトコンドリア21SリボゾームRNA遺伝子を、配列番号1~16のプライマーを用いて、遺伝子増幅法により増幅し、遺伝子の塩基配列を決定する。決定された塩基配列を用いて、サッカロマイセス・セレビシエ菌株の系統を分類する。既報のMt-21SrDNAの塩基配列(配列番号20)を参考にして、Mt-21SrDNAを7断片に分けて、増幅が可能なPCR用プライマー(配列番号1~16)を設計する。好適なプライマーの組み合わせは図に示される。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-286748.gif
Research field
  • Molecular genetics in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)遺伝子増幅法を利用したS.cerevisiaeの簡易迅速なミトコンドリア21SリボゾームRNA遺伝子の塩基配列決定方法及びこれを利用したサッカロマイセス・セレビシエ菌株の分類法を提供する。
この方法は、高価な機器である超遠心分離機を必要とせず、また制限酵素処理も必要とせず、さらに所要時間も従来法に比して1/2から1/4程度に短縮化できるものであるから、この塩基配列決定法は簡易でかつ迅速な優れた方法である。また、サッカロマイセス・セレビシエのMt-21SrRNAは菌株による変異が大きいためこれらの塩基配列を用いてサッカロマイセス・セレビシエの菌株の系統分類を行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)酵母分類、酵母塩基配列決定
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)森 勝美, 蒲生 卓磨, . METHOD FOR SIMPLY AND RAPIDLY DETERMINING BASE SEQUENCE OF MITOCHONDRIA 21S RIBOSOMAL RNA GENE OF YEAST BELONGING TO SACCHAROMYCES CEREVISIAE. P2002-095478A. Apr 2, 2002
  • C12N  15/09     
  • C12Q  1/04      
  • C12Q  1/68      

PAGE TOP