Top > Search Technology seeds > CHELATING AGENT-CONTAINING ANTIBACTERIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI

CHELATING AGENT-CONTAINING ANTIBACTERIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI

Seeds code S100001043
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)永井 利郎
  • (In Japanese)老田 茂
Name of technology CHELATING AGENT-CONTAINING ANTIBACTERIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI
Technology summary (In Japanese)有効成分としてエチレンジアミン四酢酸鉄(III)-ナトリウムのみを0.1~0.5mM含有することを特徴とするヘリコバクター・ピロリ菌用抗菌剤である。食品添加物として認められている物質の中からヘリコバクター・ピロリ菌用の抗菌性物質を検索し、キレート剤の一種であるEDTAおよびその金属塩が、ヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を阻害する。EDTAの金属塩としては、エチレンジアミン四酢酸鉄(III)-ナトリウムが好ましい。この抗菌剤は、通常は経口的に投与される。胃中のヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を阻害するためには、エチレンジアミン四酢酸鉄(III)-ナトリウムを60~150mg程度投与するのが適当である。図は、各種濃度のエチレンジアミン四酢酸鉄(III)-ナトリウム存在下でのヘリコバクター・ピロリ菌の増殖割合を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-349003.gif
Research field
  • Pharmaceutical preparations in general
  • Basic research of antibacterial drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)慢性胃炎や胃潰瘍の発症に関与するヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を阻害する作用を有し、かつ安全性の高い物質を有効成分とする抗菌剤を提供する。
多くの国において食品添加物として認められており、安全性の高いEDTAの金属塩を有効成分とするヘリコバクター・ピロリ菌用抗菌剤が提供される。抗菌剤を単独もしくは適当な助剤と共に投与、あるいは食品等に含有させて摂取させることにより、ヒトの消化器系に存在するヘリコバクター・ピロリ菌の増殖を効果的に阻害できる。ピロリ菌が関与している胃腸障害を効果的に、予防・治療することができる。
Usage Use field (In Japanese)ヘリコバクタ-・ピロリ菌用抗菌剤、胃腸障害
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)永井 利郎, 老田 茂, . CHELATING AGENT-CONTAINING ANTIBACTERIAL AGENT FOR HELICOBACTER PYLORI. P2002-154957A. May 28, 2002
  • A61K  31/198    
  • A61P   1/04     
  • A61P  31/04     

PAGE TOP