Top > Search Technology seeds > METHOD FOR TREATING SUPEROVULATION IN PIG REPEATING ESTROUS PERIOD

METHOD FOR TREATING SUPEROVULATION IN PIG REPEATING ESTROUS PERIOD

Seeds code S100001046
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)岩村 祥吉
  • (In Japanese)吉岡 耕治
  • (In Japanese)鈴木 千恵
Name of technology METHOD FOR TREATING SUPEROVULATION IN PIG REPEATING ESTROUS PERIOD
Technology summary (In Japanese)発情周期を繰り返している豚にプロスタグランジンF2α、クロプロステノールナトリウム、エチプロストントロメタミン、クロプロステノール及びフェンプロスタレンから選択される黄体退行作用を持つホルモン剤を投与して黄体を退行させ、次いで豚に妊馬血清性性腺刺激ホルモン及び/又は卵胞刺激ホルモンである卵胞を発育させるホルモン剤、並びに黄体形成ホルモン、ヒト繊毛性性腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン放出ホルモン、酢酸フェルチレリン及び酢酸ブセレリンから選択される排卵を誘発するホルモン剤を投与して過排卵を誘発する過排卵処理法である。黄体退行作用を持つホルモン剤は、プロスタグランジンF2αであり、且つ排卵を誘発するホルモン剤がヒト繊毛性性腺刺激ホルモンであることが好ましい。排卵を誘発した後交配を行うことにより、高品質の胚を効率的に採取できる。図は若齢雌豚のホルモン処置スケジュール(第1区~第4区)を示す。図中、「AI」は人工授精を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2001-000516.gif
Research field
  • Reproduction management
  • Swine (=pigs)
Seeds that can be deployed (In Japanese)発情周期を繰り返している豚を用いて高品質の胚を効率的に得るための過排卵処理法を提供する。
この方法により、発情周期を繰り返している豚においても過排卵処理を行うことが可能となる。
Usage Use field (In Japanese)豚過排卵処理法、豚胚移植
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)岩村 祥吉, 吉岡 耕治, 鈴木 千恵, . METHOD FOR TREATING SUPEROVULATION IN PIG REPEATING ESTROUS PERIOD. P2002-205946A. Jul 23, 2002
  • A61K  31/5575   
  • A01K  67/02     
  • A61K  38/24     
  • A61P  15/08     

PAGE TOP