Top > Quick Search > Search Technology seeds > PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY

PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY

Seeds code S100001068
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)竹中 重仁
Name of technology PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY
Technology summary (In Japanese)ピシウム・オリガンドラム(Pythium oligandrum)細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質の1つであり、SDS-PAGEによる分子量測定において28kDaを示し、N末端アミノ酸配列:Leu Thr Lys Glu Glu Xaa Asp Ala AlaPhe Thr Gly Glu Val Gly Lys Leu Thr Lys Asp(配列番号1)リジルエンドペプチダーゼ消化によるアミノ酸配列:Ser Ile Gly Gly Gly Ser Thr Xaa Ser Ser Ala Pro Xaa Thr Asp Thr Thr(配列番号2)リジルエンドペプチダーゼ消化によるアミノ酸配列:Leu Val Asp Pro Tyr Xaa Xaa Asp Xaa Gly(配列番号3)サーモリシン消化によるアミノ酸配列:Gly Lys Asp Ser Gly(配列番号4)を含む。また、表1に示すアミノ酸組成を有する。逆相クロマトグラフィーによって、ピシウム・オリガンドラムの細胞壁タンパク質画分から3種の耐病性誘導活性を有するタンパク質を単離・精製する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2001-271979.gif
Research field
  • Proteins and peptides in general
  • Pharmaceutical preparations in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)ピシウム・オリガンドラム細胞壁由来の耐病性誘導活性を有するタンパク質、タンパク質の単離・精製方法、タンパク質を利用した耐病性誘導剤、及び耐病性誘導剤を用いた土壌病害防除方法を提供する。
ピシウム・オリガンドラム細胞壁由来のT-1、T-2及びS-1耐病性誘導活性を有するタンパク質は、植物体に対する優れた耐病性誘導活性を有しているので、植物体の病害菌による感染を抑制することができる。
Usage Use field (In Japanese)耐病性誘導剤、土壌病害防除剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)竹中 重仁, . PROTEIN HAVING DISEASE RESISTANCE INDUCING ACTIVITY. P2003-081998A. Mar 19, 2003
  • C07K  14/37     
  • A01N  63/00     
  • A01N  63/02     
  • C12P   1/02     

PAGE TOP