Top > Search Technology seeds > SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Seeds code S100001085
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)馬越 淳
  • (In Japanese)田中 稔久
Name of technology SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Technology summary (In Japanese)絹タンパク質フィルムは、窒素ガス雰囲気、希ガス雰囲気あるいは真空減圧雰囲気下で乾燥させて製造される、絹タンパク質からなる水溶液のキャストフィルムである。更に乾燥後に延伸する。絹タンパク質は、フイブロインおよびセリシンのいずれかである。絹タンパク質は、天然に産出されたもの、および人為的に合成もしくは改変されたもの、のいずれでもよい。絹タンパク質としては、カイコやクモから得られる、絹フィブロイン、あるいは絹フイブロインとセリシンからなる天然生成物、またはバイオテクノロジー等の方法により合成ないし改変された絹タンパク質等が例示される。好適には、炭酸ガスが存在しない不活性雰囲気条件で絹タンパク質水溶液を乾燥することによってキャストフィルムを作製する。炭酸ガス中での乾燥の場合には、白濁の、脆性のあるフィルムが形成され、これは絹タンパク質水溶液における大気中の炭酸ガスの吸収固定化に起因する。
Research field
  • Polymeric materials in general
  • Manufacturing and its equipment
Seeds that can be deployed (In Japanese)生分解性の環境調和型の新しい材料、高強度、高弾性な多機能性フィルムとして、医療材料や食品材料等として有用な、絹タンパク質フィルムとその製造方法を提供する。
生分解性を有し、環境保全型のタンパク質材料として、多機能性フィルムへの応用が可能で、製造過程の簡易化、材料の透明化等が注目される、新しい絹タンパク質フィルムを提供できる。
Usage Use field (In Japanese)医療材料、食品材料、多機能性フィルム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)馬越 淳, 田中 稔久, . SILK PROTEIN FILM AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2003-192807A. Jul 9, 2003
  • C08J   5/18     
  • A61L  27/00     
  • C08L  89/00     

PAGE TOP