Top > Search Technology seeds > FULLERENE-CARBORANE RIGID ROD HYBRID COMPOUND AND METHOD OF SYNTHESIZING THE SAME

FULLERENE-CARBORANE RIGID ROD HYBRID COMPOUND AND METHOD OF SYNTHESIZING THE SAME

Seeds code S100001318
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)山本 嘉則
  • (In Japanese)ラムラニ・モウアド
  • (In Japanese)浜崎 亮
Name of technology FULLERENE-CARBORANE RIGID ROD HYBRID COMPOUND AND METHOD OF SYNTHESIZING THE SAME
Technology summary (In Japanese)カルボランとフラーレンとが、共役架橋芳香族基により連結されているフラーレン-カルボランリジッドロッドハイブリッド化合物であり、カルボランは式(m-CB)または式(p-CB)で表され、フラーレンは式で表されるC60であり、共役架橋芳香族基は式(BA-1)で表されるフラーレン-カルボランリジッドロッドハイブリッド化合物である。カルボランリジッドロッドハイブリッド化合物は、式(5a)又は式(5b)で表わされ、それぞれの合成法は式3と式4に示される。見かけ上求引性のカルボランとフラーレンとをエチニルπ系を介して結合することによって、予測し得ない大きなβ値が得られる。これにより、A-A系が高い超分極性を得るための有望な組み合わせとなる場合の指針を与えることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-063680_1.gif thum_2000-063680_2.gif thum_2000-063680_3.gif thum_2000-063680_4.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Organic reactions in general
  • Materials of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)大きな二次高調波発生(SHG)を示す非線形光学材料として好適な化合物、及びその合成方法を提供する。
このハイブリッド化合物は、高いベーター値を有するのみならず安定性も高いので、空気中で通常の化合物と同様に扱うことができる。本発明は非線形光学材料として最適であり、波長変換素子、非線形材料および等、多くの用途に好適に用いることができ、その工業的価値は絶大である。
Usage Use field (In Japanese)非線形光学材料、波長変換素子、光ディスク
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人東北大学, . (In Japanese)山本 嘉則, ラムラニ・モウアド, 浜崎 亮, . FULLERENE-CARBORANE RIGID ROD HYBRID COMPOUND AND METHOD OF SYNTHESIZING THE SAME. P2001-247577A. Sep 11, 2001
  • C07F   5/02     
  • G02F   1/361    
  • G02F   1/37     

PAGE TOP