Top > Quick Search > Search Technology seeds > NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME

NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME

Seeds code S100001330
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)山本 嘉則
  • (In Japanese)斎藤 慎一
Name of technology NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME
Technology summary (In Japanese)式(1)で表されるシクロブタン誘導体である。式中、Rは炭素数1~20のパーフルオロアルキル基、炭素数6~20のパーフルオロアリール基、CON(CH3)C6H5、COC2H5、COC6H5、又はSO2C6H5を表す。2個あるRは同一でも異なっていてもよい。特にRはC6F13、又はC6F5が好ましい。式(1)の化合物はアレン誘導体をNi(cod)2ーPPh3等のニッケル触媒存在下に室温、あるいはそれ以下の温度で極めて短時間撹拌することにより二量化して合成され、反応式は式2に示される。反応収率を表1に示す。得られる式(1)のシクロブタン誘導体は耐熱性、耐薬品性等の優れた特性を有する高機能性ポリマーの合成原料として有用である。式(1)の化合物は加熱して重合させることにより式3で表されるようなポリマーを容易に得ることができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-229179_1.gif thum_2000-229179_2.gif thum_2000-229179_3.gif thum_2000-229179_4.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Substitution reaction
Seeds that can be deployed (In Japanese)高機能性ポリマーをはじめとする新素材の合成原料として利用することができる新規なシクロブタン誘導体、及びそれを緩和な条件において高収率で合成し得る方法を提供する。
高機能性ポリマーをはじめとする新素材の合成原料となり得るシクロブタン誘導体が提供され、かかるシクロブタン誘導体を緩和な条件において高収率で合成し得る方法が提供される。
Usage Use field (In Japanese)高機能性ポリマー原料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人東北大学, . (In Japanese)山本 嘉則, 斎藤 慎一, . NEW CYCLOBUTANE DERIVATIVE AND METHOD FOR SYNTHESIZING THE SAME. P2002-047215A. Feb 12, 2002
  • C07C  17/278    
  • C07C  23/06     
  • C07C  45/69     
  • C07C  49/21     
  • C07C 231/12     
  • C07C 233/10     
  • C07C 315/04     
  • C07C 317/30     

PAGE TOP