Top > Quick Search > Search Technology seeds > CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI

CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI

Seeds code S100001331
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)森田 直樹
  • (In Japanese)星野 保
  • (In Japanese)澤田 美智子
  • (In Japanese)奥山 英登志
  • (In Japanese)栗木 みどり
  • (In Japanese)川上 顕
  • (In Japanese)寺見 文宏
Name of technology CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI
Technology summary (In Japanese)セルロース生産能を有するミクロドキウム属に属する糸状菌を培養し、培養物からセルロースを回収してセルロースを製造する。ミクロドキウム属に属する糸状菌は雪腐病菌であるミクロドキウム・ニバレ(FERM P-17547)である。この製造方法によって得られるセルロースは、ミクロドキウム・ニバレ(FERM P-17547)の培養物から回収でき、分子量がゲル濾過法で計測した場合には35万~80万の範囲内であり、2Mトリフルオロ酢酸中、121℃で2時間処理したときに、完全な加水分解を受け、凍結乾燥してX線回折分析を行った場合に、2θ=5.0°~45.0°においてピークを示さない。糸状菌の培養に用いる培地は液体ポテトデキストロース培地が好適である。図はミクロドキウム・ニバレ(■)による細胞外不溶性多糖(●)の生産量と培養温度との関係(B)、及びミクロドキウム・ニバレの4℃培養中での細胞外不溶性多糖生産量の経時変化(A)を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-275211.gif
Research field
  • Natural substances of biological origin
  • Polysaccharides
Seeds that can be deployed (In Japanese)糸状菌を用いてセルロースを製造する方法及び糸状菌性セルロースを提供する。
糸状菌からセルロースを生産する技術が提供され、各種産業素材、添加物等として利用し得る新規糸状菌性セルロースが提供される。
Usage Use field (In Japanese)食品添加物、化粧品添加物、音響振動板
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)独立行政法人産業技術総合研究所, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)森田 直樹, 星野 保, 澤田 美智子, 奥山 英登志, 栗木 みどり, 川上 顕, 寺見 文宏, . CELLULOSE PRODUCED BY FILAMENTOUS FUNGI. P2001-161389A. Jun 19, 2001
  • C12P  19/04     

PAGE TOP