Top > Quick Search > Search Technology seeds > GAS BARRIER FILM HAVING POLYPROPYLENE AS BASE FILM AND ITS MANUFACTURING METHOD

GAS BARRIER FILM HAVING POLYPROPYLENE AS BASE FILM AND ITS MANUFACTURING METHOD

Seeds code S100001469
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)稲垣 訓宏
  • (In Japanese)田坂 茂
  • (In Japanese)中島 徹也
Name of technology GAS BARRIER FILM HAVING POLYPROPYLENE AS BASE FILM AND ITS MANUFACTURING METHOD
Technology summary (In Japanese)ポリプロピレンフィルムにアルゴンプラズマ処理を施してフィルム表面の炭素を活性化した後、大気に曝して活性な炭素に酸素を結合させてフィルム表面に酸素官能基を導入し、ポリプロピレンフィルムをシランカップリング剤のアルコール溶解液に浸漬し、加熱してポリプロピレンフィルムの酸素官能基とシランカップリング剤とをカップリング反応させてポリプロピレンフィルム表面の炭素に主骨格が-O-Si-O-の構造を持つチューニング分子鎖を酸素官能基(-O-)を介して導入し、有機シラン化合物と酸素を含むプラズマ雰囲気中でチューニング分子鎖が導入されたポリプロピレンフィルム表面にSiとOをプラズマ重合させることによりSiOx薄膜を成膜するポリプロピレンをベースフィルムとするガスバリヤーフィルムの製造方法である。酸素官能基の導入量は、ポリプロピレンフィルムの表面においてそのポリプロピレンの構成原子である炭素とこの炭素に結合される酸素との比で0.05~0.20である。シランカップリング剤は、式:(R1O)n-Si-R2(4-n)(R1,R2はアルキル基、nは1~4の整数)で表される。
Research field
  • Polyolefins
  • Thin films of organic compounds
Seeds that can be deployed (In Japanese)各種の食品、その他の物品を包装するための素材等に使用されるポリプロピレンをベースフィルムとするガスバリヤーフィルムの製造方法を提供する。
PPフィルムをベースフィルムとし、このフィルムに形成したSiOx薄膜の優れたガスバリヤー性を有効に引き出すことができ、かつKコートフィルムのような環境に悪影響を及ぼす塩素を含有せずに高い安全性を有し、各種食品の包装素材として有用なガスバリヤーフィルムの製造方法を提供することができる。
Usage Use field (In Japanese)食品・物品包装材料、ガスバリヤーフイルム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人静岡大学, . (In Japanese)稲垣 訓宏, 田坂 茂, 中島 徹也, . GAS BARRIER FILM HAVING POLYPROPYLENE AS BASE FILM AND ITS MANUFACTURING METHOD. P2001-247697A. Sep 11, 2001
  • C08J   7/06     
  • B32B   9/00     
  • B32B  27/32     
  • B65D  65/40     
  • C08L  23/12     

PAGE TOP