Top > Quick Search > Search Technology seeds > HOST-FACTOR GENE ESSENTIAL TO MULTIPLICATION OF PLANT VIRUS

HOST-FACTOR GENE ESSENTIAL TO MULTIPLICATION OF PLANT VIRUS

Seeds code S100001509
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)古澤 巌
  • (In Japanese)石川 雅之
Name of technology HOST-FACTOR GENE ESSENTIAL TO MULTIPLICATION OF PLANT VIRUS
Technology summary (In Japanese)ポリペプチドは、配列番号1のアミノ酸番号1-291で示すアミノ酸配列、あるいはタバコモザイクウイルスの増殖に必要な宿主由来因子であり、このアミノ酸配列一部が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなる。配列番号1のアミノ酸配列は図3に示されている。及びこのポリペプチドをコードする遺伝子である。植物ウイルスの増殖に必須の蛋白質をコードする遺伝子であるシロイヌナズナ遺伝子TOM1をクローニングする。TOM1遺伝子の発現制御や改変により、ウイルス抵抗性を付与することが可能である。また、やはり植物ウイルスの増殖に必須の蛋白質をコードする遺伝子であるシロイヌナズナ遺伝子TOM3についてもクローニングする。図6は、TOM1蛋白質の推定アミノ酸配列とTOM3蛋白質の推定アミノ酸配列の比較を示す。TOM1遺伝子は、ウイルスが植物内で増殖するために必須な植物遺伝子であり、他種植物にもTOM1と相同な遺伝子が存在すること、他の動植物アルファ様ウイルスもTOM1に類似した宿主遺伝子産物を使って増殖していることから、広範囲の生物種の種々のアルファ様ウイルスに適用でき、汎用性が期待できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_1999-232678_1.gif thum_1999-232678_2.gif
Research field
  • Molecular genetics in general
  • Proteins and peptides in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)植物ウイルスの増殖に必須な宿主遺伝子であるシロイヌナズナTOM1遺伝子を用いたウイルス耐性植物体の作出方法を提供する。
TOM1遺伝子、及この遺伝子がコードする配列番号1のTOM1蛋白質が提供される。TOM1遺伝子はシロイヌナズナ由来の遺伝子であり、タバコモザイクウイルスの増殖に必須な蛋白質をコードするため、この遺伝子を改変することによりウイルス耐性を有する植物を作成できる。更に、TOM3遺伝子もまた、タバコモザイクウイルスの増殖に必須な蛋白質をコードする。
Usage Use field (In Japanese)ウイルス耐性植物
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)古澤 巌, 石川 雅之, . HOST-FACTOR GENE ESSENTIAL TO MULTIPLICATION OF PLANT VIRUS. P2000-189172A. Jul 11, 2000
  • C12N 15/09    ZNA
  • C07K 14/415     
  • C12P 21/02      
  • A01H  1/00      
  • A01H  5/00      
  • C12N  5/10      

PAGE TOP