Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR COLORING POLYMER MOLDED ARTICLE

METHOD FOR COLORING POLYMER MOLDED ARTICLE

Seeds code S100001512
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)大嶋 正裕
  • (In Japanese)橋本 伊織
  • (In Japanese)谷垣 昌敬
Name of technology METHOD FOR COLORING POLYMER MOLDED ARTICLE
Technology summary (In Japanese)二酸化炭素の超臨界状態下において、少なくとも表面に非晶質層を有する高分子成形体に、高分子成形体の融点より10~30℃低い温度で、超臨界状態下の二酸化炭素中に溶解した顔料を接触させて高分子成形体を着色する。ここで、二酸化炭素の超臨界状態での温度は、高分子成形体のガラス転移温度以上、かつ、融点より15~25℃低い温度である。高分子成形体は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリカーボネート、ポリスチレン、ポリ乳酸、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリ酢酸ビニル、塩化ビニル、フッ素樹脂から選択される少なくとも1種の材料からなる。高分子成形体は、メタノール、イソプロパノール、アセトンから選択される可塑剤を含有する。着色対象となる高分子成形体は、少なくとも着色される表面に非晶質層を有する。超臨界二酸化炭素の溶解能力と高分子樹脂に二酸化炭素が含浸・拡散していく能力を融合することによって、着色する。着色層の深さを観察した結果を表に示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-295478.gif
Research field
  • Polymeric materials in general
  • Manufacturing and its equipment
Seeds that can be deployed (In Japanese)経済的で、かつ、均一に顔料を着色できる着色方法を提供する。
この着色方法によれば、少ない顔料で高分子成形体の着色を行うことができ、顔料の無駄がなく経済的にも有利である。また、超臨界二酸化炭素が、複雑な製品の内部にまで浸透するので、複雑な製品であっても均一に着色することができる。
Usage Use field (In Japanese)着色高分子成形体、繊維着色
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)大嶋 正裕, 橋本 伊織, 谷垣 昌敬, . METHOD FOR COLORING POLYMER MOLDED ARTICLE. P2002-105228A. Apr 10, 2002
  • C08J   7/04     
  • C08J   7/00     
  • D06P   1/44     
  • D06P   3/00     
  • D06P   5/00     
  • D06P   5/20     

PAGE TOP