Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING AROMATIC CARBOXYLATE HAVING SUBSTITUENT

METHOD FOR PRODUCING AROMATIC CARBOXYLATE HAVING SUBSTITUENT

Seeds code S100001545
Posted date Sep 17, 2010
Researchers
  • (In Japanese)小槻 日吉三
  • (In Japanese)小島 智行
  • (In Japanese)大石 健
  • (In Japanese)山本 泉
  • (In Japanese)松岡 達臣
Name of technology METHOD FOR PRODUCING AROMATIC CARBOXYLATE HAVING SUBSTITUENT
Technology summary (In Japanese)式1で示される低級アルコキシ置換芳香族カルボン酸エステルⅠにグリニヤール試薬(R3MgX)を反応させて、グリニヤール試薬由来の置換基を有する芳香族カルボン酸エステルⅡを製造する。ここで、R1は分枝アルキル基であり、R2は低級アルキル基、そしてR3はアルキル基、アリール基または脂環式基、Xはハロゲンである。特にR1がt-ブチル基またはトリエチルカルビニル基であり、R2がメチル基である。式2で示される低級アルコキシ置換芳香族カルボン酸エステルⅢにグリニヤール試薬(R6MgX)を反応させて、グリニヤール試薬由来の置換基を有する芳香族カルボン酸エステルⅣを製造する。ここで、R4は分枝アルキル基であり、R5は低級アルキル基、そしてR6はアルキル基、アリール基または脂環式基、そしてXはハロゲンである。特にR4がt-ブチル基またはトリエチルカルビニル基であり、R5がメチル基である。反応に用いた芳香族カルボン酸エステル、グリニヤール試薬、反応条件、生成物、および生成物の収率を表に示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2001-028660_1.gif thum_2001-028660_2.gif thum_2001-028660_3.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Substitution reaction
Seeds that can be deployed (In Japanese)各種工業原料、例えば医薬品、機能性材料などの原料として有用な、アルキル基、アリール基などの置換基を有する芳香族化合物、特に置換基を有する芳香族カルボン酸エステルの製造方法を提供する。
アルキル基、アリール基などの所望の置換基を有する芳香族カルボン酸エステルの新規な製造方法が提供され、置換基を、簡便な操作により芳香環の所定の位置に特異的に導入することにより、置換基を有する芳香族カルボン酸エステルを製造可能となる。エステル基のp位にアルコキシ基を有していない化合物(ジメトキシ安息香酸誘導体)からフリーデルクラフト反応によりアルキル基を導入することはできないため、この方法は有用である。
Usage Use field (In Japanese)医薬・機能性材料原料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人高知大学, . (In Japanese)小槻 日吉三, 小島 智行, 大石 健, 山本 泉, 松岡 達臣, . METHOD FOR PRODUCING AROMATIC CARBOXYLATE HAVING SUBSTITUENT. P2002-226430A. Aug 14, 2002
  • C07C  67/327    
  • C07C  69/92     

PAGE TOP