Top > Quick Search > Search Technology seeds > ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD

ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD

Seeds code S100001628
Posted date Oct 4, 2010
Researchers
  • (In Japanese)井上 克也
Name of technology ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD
Technology summary (In Japanese)まず、光学活性(R又はS)-1,2-ジアミン及びその誘導体、光学活性(R又はS)-1,3-ジアミン及びその誘導体から選ばれる光学活性のジアミン化合物に非酸化性雰囲気下で完全脱気溶媒を添加、溶解することによりジアミン化合物溶液を調製する。次に、マンガン塩に非酸化性雰囲気下で完全脱気溶媒を添加して溶解することによりマンガン塩溶液を調製後、マンガン塩溶液を非酸化性雰囲気下でジアミン化合物溶液に添加して混合溶液を調製する。次いで、ヘキサシアノクロム酸塩に非酸化性雰囲気下で完全脱気溶媒を添加して溶解することによりヘキサシアノクロム酸塩溶液を調製後、ヘキサシアノクロム酸塩溶液を非酸化性雰囲気下で混合溶液に添加し、混合、反応させる。更に室温下で放置することにより[Mn(L)]3[Cr(CN)62・4H2O(但し、Lは光学活性(R又はS)-1,2-ジアミン及びその誘導体、光学活性(R又はS)-1,3-ジアミン及びその誘導体を示す)にて表される単結晶を析出し、不斉分子磁石を製造する。
Research field
  • Magnetic materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)磁性を持つと共に光学活性を示し、かつ着色透明性を有し、更に転移温度が比較的高い等の特性を有する単結晶の不斉分子磁石を提供する。
特定の単結晶を用いることにより、優れた特性を有する比較的サイズの大きな単結晶の不斉分子磁石を室温で高い収率にて製造することができる。
Usage Use field (In Japanese)光磁気デバイス、磁場応答性光デバイス
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)大学共同利用機関法人自然科学研究機構, . (In Japanese)井上 克也, . ASYMMETRIC MOLECULAR MAGNET AND ITS MANUFACTURING METHOD. P2001-237113A. Aug 31, 2001
  • H01F   1/00     
  • H01F  41/02     

PAGE TOP