Top > Quick Search > Search Technology seeds > NONDESTRUCTIVE METHOD FOR MEASURING AGED DETERIORATION OF STRENGTH OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL

NONDESTRUCTIVE METHOD FOR MEASURING AGED DETERIORATION OF STRENGTH OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL

Seeds code S100001724
Posted date Oct 4, 2010
Researchers
  • (In Japanese)高橋 正氣
Name of technology NONDESTRUCTIVE METHOD FOR MEASURING AGED DETERIORATION OF STRENGTH OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL
Technology summary (In Japanese)励磁巻線2と磁束検出巻線3とを直接巻けない形状の被測定強磁性構造体1に対し、励磁巻線2と磁束検出巻線3とを有する磁気ヨーク4を密着させ、磁気閉回路5を形成する。ヒステリシス磁化特性測定装置6より励磁巻線2に励磁電流が供給され、このとき磁束検出巻線3に誘起した電圧が、ヒステリシス磁化特性測定装置6に導かれて増幅積分され、その結果ヒステリシス磁化特性7が得られる。保磁力HCおよび保磁力HCにおける被測定強磁性構造材の磁化率χHを測定により求め、材料の内部構造によって定まる既知の二つの定数aとnとを含む、実質的な引張応力σを求める式σ=a(HC/χHnに保磁力HCと磁化率χHとの値を代入して、被測定強磁性構造材における実質的な引張応力σを求め、被測定強磁性構造材の実質的な引張応力σと強磁性構造材の初期状態での引張応力σ0とを比較して、経年による強磁性構造材の実質的な応力の変化を求める。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_1999-316851.gif
Research field
  • Nondestructive testing
Seeds that can be deployed (In Japanese)強磁性構造材またはそれを用いた強磁性構造体の経年による材料強度劣化を非破壊的に測定して定量的に求める方法を提供する。
実質的な応力負荷の増加を極めて低い磁界強度で正確に測定でき、材料の経年劣化を非破壊で測定できる。
Usage Use field (In Japanese)単結晶強磁性構造材、多結晶強磁性構造材、低合金鋼
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)岩手大学長, . (In Japanese)高橋 正氣, . NONDESTRUCTIVE METHOD FOR MEASURING AGED DETERIORATION OF STRENGTH OF FERROMAGNETIC STRUCTURAL MATERIAL. P2001-133440A. May 18, 2001
  • G01N  27/72     

PAGE TOP