Top > Search Technology seeds > NOVEL PRIMER FOR SYNTHESIZING FUNCTIONAL ENZYME POLYMERIZATION AMYLOSE DERIVATIVE

NOVEL PRIMER FOR SYNTHESIZING FUNCTIONAL ENZYME POLYMERIZATION AMYLOSE DERIVATIVE

Seeds code S100001778
Posted date Oct 4, 2010
Researchers
  • (In Japanese)秋吉 一成
  • (In Japanese)森本 展行
Name of technology NOVEL PRIMER FOR SYNTHESIZING FUNCTIONAL ENZYME POLYMERIZATION AMYLOSE DERIVATIVE
Technology summary (In Japanese)式1のマルトペンタオースの還元末端を末端アミノ基又はヒドラジド基を有する化合物で修飾して得られるアミロース合成用プライマー又は式2のアミロース合成用プライマーである。(式中RNH2は、疎水性長鎖アルキルアミン、リン脂質、メタクロイル型化合物、チオール反応性化合物、インターカレータ型化合物、又は塩基性高分子)。リン脂質は、ジパルミトイルホスファチジルエタノールアミンであり、メタクロイル型化合物は、2-アミノエチルメタクリレートから選ばれる。メタクロイル型化合物によって、マルトペンタオースに重合性基としてメタクロイル基を導入した重合性プライマーと、メタクロイル型モノマーとの共重合で調製されるアミロース合成用プライマーである。メタクロイル型モノマーは、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン(MPC)等であり、チオール反応性化合物は、N-(κ-マレイミドウンデカノイック酸)ヒドラジド等であり、インターカレータ型化合物は、6-クロロ-2-メトキシ-9-アクリジニルN,N-ビス(アミノプロピル)メチルアミンである。このアミロース合成用プライマーを用いて機能性酵素重合アミロースを製造する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-123063_1.gif thum_2004-123063_2.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)アミロース合成用プライマー、特にマルトペンタオースの還元末端を末端アミノ基又はヒドラジド基を有する化合物で修飾してえられるアミロース合成用プライマーを提供する。
このように調製されたプライマーは、酵素重合を行うことで全く新規な性質を確保したアミロースの調製を可能とする。両親媒性プライマーは、水中でミセルやリポソームなどの分子集合体を形成し、酵素重合によりその会合状態の制御が可能であり、酵素反応の条件を変えることで、重合と解重合(加水分解)が制御しえ、その結果ミセルーの形成、崩壊や二分子膜の形態制御が可能となる。また、アルキル基置換プライマーでの酵素反応と共役したミセル崩壊を利用して人工分子シャペロン機能が発現する。
Usage Use field (In Japanese)機能性酵素重合アミロース、新規アミロース調製
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 東京医科歯科大学, . (In Japanese)秋吉 一成, 森本 展行, . NOVEL PRIMER FOR SYNTHESIZING FUNCTIONAL ENZYME POLYMERIZATION AMYLOSE DERIVATIVE. P2005-306748A. Nov 4, 2005
  • C07H  15/04     
  • C08F 220/36     
  • C12P  19/04     

PAGE TOP