Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING PROTEIN-REMOVED NATURAL RUBBER LATEX

METHOD FOR PRODUCING PROTEIN-REMOVED NATURAL RUBBER LATEX

Seeds code S100001874
Posted date Oct 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)河原 成元
  • (In Japanese)ワルニー クリンクライ
  • (In Japanese)五十野 善信
Name of technology METHOD FOR PRODUCING PROTEIN-REMOVED NATURAL RUBBER LATEX
Technology summary (In Japanese)天然ゴムラテックスに尿素系化合物及びNaClOから選択された蛋白質変成剤を添加し、ラテックス中の蛋白質を変成処理した後に除去して脱蛋白質化天然ゴムラテックスを製造する。尿素系化合物は、式:RNHCONH2で表される尿素誘導体又は尿素複塩である。式中、RはH、炭素数1~5のアルキル基を表す。尿素複塩は、HNO3・CO(NH22、H3PO4・CO(NH22、Ca(NO32・4CO(NH22、CaSO4・4CO(NH22等から選択される。蛋白質の変成処理前に、ラテックスをpH9~12程度のアルカリ性領域に調整した後、蛋白質の変成処理を30~60℃で界面活性剤の存在下に行ない、変成された蛋白質の除去を遠心分離処理により行なう。界面活性剤は、ゴム固形分に対して約0.01~10重量%添加する。
Research field
  • Manufacturing and its equipment
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Rubbers
Seeds that can be deployed (In Japanese)工業原料として使用する際に、副反応を生じない、蛋白質含量の極めて低い天然ゴムラテックスを、大量かつ安価に製造する方法を提供する。
天然ゴムラテックス中に含まれる蛋白質をきわめて短時間で安価に除可能となる。得られる脱蛋白質化天然ゴムラテックスは、副反応を生じずに各種のテーラーメードケミストリー用の工業原料として使用することができる。天然ゴムを新たな分野における安価な工業用原料として活用する道を拓くものであり、きわめて実用的価値の高い発明である。
Usage Use field (In Japanese)テーラーメイドケミストリー用天然ゴム、脱蛋白質天然ゴム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学, . (In Japanese)河原 成元, ワルニー クリンクライ, 五十野 善信, . METHOD FOR PRODUCING PROTEIN-REMOVED NATURAL RUBBER LATEX. P2004-099696A. Apr 2, 2004
  • C08C   1/04     

PAGE TOP