Top > Search Technology seeds > OPTICAL MEDIUM FOR LASER, LASER, AND METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL MEDIUM FOR THE LASER

OPTICAL MEDIUM FOR LASER, LASER, AND METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL MEDIUM FOR THE LASER

Seeds code S100001875
Posted date Oct 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)加藤 有行
  • (In Japanese)飯田 誠之
  • (In Japanese)ナジャホフ ヒクメット
Name of technology OPTICAL MEDIUM FOR LASER, LASER, AND METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL MEDIUM FOR THE LASER
Technology summary (In Japanese)レーザ用光学媒質は、EuxMySz(M:Ga,Al及びInの少なくとも一種、(x,y,z)=(1,2,4)又は(2,2,5))の単結晶から構成される。具体的には、EuGa2S4、EuAl2S4及びEuIn2S4の単結晶を例示することができる。また、Eu2Ga2S5、Eu2Al2S5及びEu2In2S5の単結晶を例示することができる。さらに、これらの希土類硫化化合物を所定の割合で含んでなるEux(Ga,Al,In)ySz((x,y,z)=(1,2,4)又は(2,2,5))の単結晶を例示することができる。レーザ用光学媒質の室温及び低温(77K)での光学利得スペクトルを計算すると、室温での最大光学利得Gmaxは光子エネルギー2.27eVで、Gmax=1650cm-1となり、77Kの低温では、光子エネルギー2.28eVで、Gmax=10200cm-1となる(図)。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2002-273126.gif
Research field
  • Lasers in general
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)可視域において大きな光学利得と、波長可変性とを有する新規なレーザを提供する。
可視域において大きな光学利得と、波長可変性とを有するレーザ用光学媒質を得ることができるので、この光学媒質を用いることにより、可視域において大きな光学利得と、波長可変性とを有する新規なレーザを提供することができる。
Usage Use field (In Japanese)波長可変可視域固体レーザ、半導体レーザ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人長岡技術科学大学, . (In Japanese)加藤 有行, 飯田 誠之, ナジャホフ ヒクメット, . OPTICAL MEDIUM FOR LASER, LASER, AND METHOD FOR MANUFACTURING OPTICAL MEDIUM FOR THE LASER. P2004-111705A. Apr 8, 2004
  • H01S   3/16     
  • C30B  29/46     

PAGE TOP